解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

離婚に際して妻から約600万円の慰謝料請求がなされたケースで約150万円の解決金を支払うことで調停離婚が成立したケース

2018年6月2日

離婚問題

<相談前>

Aさん(30代・男性)は、妻側の弁護士から離婚と慰謝料等の支払いを求められているとして当事務所に相談にいらっしゃいました。

<相談後>

妻側の請求に応じなかったところ、ほどなくして、妻側から離婚調停が申し立てられました。

妻側からは離婚と合わせて約600万円の離婚慰謝料の請求がなされていましたが、当事務所で依頼を受け、調停の中で金額について交渉した結果、約150万円の解決金を長期の分割で支払うことで、調停が成立しました。

<弁護士からのコメント>

離婚の請求に際しては、あわせて慰謝料等の金銭の請求がなされることが少なくありませんが、請求額が相場に照らして過大であることもあります。

これは先方に代理人の弁護士がついていたとしても同様です。

万が一、離婚と合わせて慰謝料等の金銭の請求がなされている場合には、それが適正な金額かどうか一度弁護士に相談することをおすすめします。

一新総合法律事務所は、長野県庁前の長野事務所のほか
東京・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
長野事務所では北信地方(長野市・須坂市・千曲市・中野市・飯山市等)の皆様を中心に、
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

皆様の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ