解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

相続開始から3か月以上経過した後の相続放棄申述が受理された事例

2021年9月3日

相続・遺言

<事件の概要>

相談者は、自分が親族の相続人になっていたことを知りましたが、相続する意思がないため、相続放棄をしようと考えました。

しかし、親族が亡くなってから3箇月以上が経過していたため、相続放棄の期限が切れてしまったのではないかと不安に思い、相談に来られました。

 

<相談後>

相続放棄の申述書において、相談者が自身が相続人となったことを知った経緯を丁寧に説明し、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内」の申述(民法915条1項)であることを示したところ、受理されました。

 

<弁護士からのコメント>

相続放棄は、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内」に行う必要があります。

通常は、被相続人が亡くなった時点で「自己のために相続の開始があったことを知」るケースが多いので、被相続人の死亡から3箇月以上が経過している場合には、被相続人の死亡を知った時期や経緯を丁寧に示す必要があります。

 

一新総合法律事務所は、長野県庁前の長野事務所のほか
東京・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
長野事務所では北信地方(長野市・須坂市・千曲市・中野市・飯山市等)の皆様を中心に、
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ