解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

二回目の破産で免責が認められた事例

2022年3月31日

債務整理

<事案の概要>

20代の頃に一度破産をしたことがある方です。

その後再び借り入れを行うようになり、負債が増えて返済が困難となったために相談に来られました。

<相談後>

過去に破産して免責されてから7年が経過していない場合は免責不許可事由となりますし、7年が経過していても二回目の破産となれば破産管財人が選任されるなど容易には免責が認められません。

この方のケースでは、資産がほとんどなかったために当初から破産管財人が就かない同時廃止事件として破産を申し立てました。

自筆の反省文を提出するなどして、経済的更生に向けた姿勢を裁判所に示したところ、最終的に免責が認められました。

<弁護士のコメント>

上記のとおり二回目の破産では、裁判所の審査も厳しく免責までのハードルは上がります。

ただ、前回の破産から期間が相当空いている場合、負債を抱えるに至った事情が前回と異なる場合、病気や失業などやむを得ない事由で負債を抱えた場合などでは、二回目の破産が認められることもあります(あくまでも事案によります)。

当事務所では数多くの債務整理問題を解決に導いております。
また債務整理の際にはトラブルになりやすい問題が多数ありますので、債務整理でお悩みの方はまず債務整理問題のご相談を参考に確認ください。

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

2022.03.30

任意整理による返済中に破産に方針を変更した事例

2018.05.22

破産手続の中で、破産者名義の積立型共済を残すことに成功したケース

2018.05.21

借入原因の一つにギャンブルがあったものの、免責許可決定を受けることができたケース

一新総合法律事務所は、長野県庁前の長野事務所のほか
東京・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
長野事務所では北信地方(長野市・須坂市・千曲市・中野市・飯山市等)の皆様を中心に、
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

無料相談する

ご相談予約専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

〇委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

フリーダイヤル 0120-15-4640
フリーダイヤル 0120-15-4640

受付時間:
土日祝を除く9:00~17:00

ページの先頭へ