解決事例

当事務所の解決事例の一部をご紹介します。

保全処分の申立て及び訴訟提起を行い、未払売掛金債権を回収することができた事例

2019年8月7日

企業法務・顧問契約

<相談前>

A社は、取引先B社に対し多額の売掛金債権を有していたものの、一向に支払ってくれず、連絡もとれなくなったとして当事務所に相談にいらっしゃいました。

 

<相談後>

上記B社は、C社に対して売掛金債権を有していました。

そこで、当事務所はA社を代理して、同売掛金債権の仮差押えの手続をとった上、B社に対し、A社がB社に対して有する売掛金の支払を求める訴訟を提起しました。

 すると、ほどなくしてB社からA社に対する売掛金債権を支払う旨の申出があり、A社は無事、上記売掛金債権を回収することができました。

 

<弁護士からのコメント>

残念ながら、取引した相手方が、約束通りに支払いをしてくれないケースは珍しくはありません。

そのような場合、保全処分や訴訟等、裁判所を通じた手続をとることで相手方が動く可能性が高くなります。

債権回収のご相談に対しては、弁護士として、状況にあわせて最も効果的と思われる方法をご提案させていただきますので、一度ご相談に来られることをおすすめします。

一新総合法律事務所は、長野県庁前の長野事務所のほか
東京・新潟に拠点を有する総合法律事務所です。
長野事務所では北信地方(長野市・須坂市・千曲市・中野市・飯山市等)の皆様を中心に、
交通事故、企業法務、離婚・男女問題、遺言・相続、債務整理など
幅広い法律問題に対応しています。

悩むよりも、まずご相談ください

皆様の不安を一日でも早く取り除くため、弁護士が最大限のサポートをいたします。

無料相談する
フリーダイヤル 0120-15-4640

対応地域

ご相談を
お急ぎの方へ

ページの先頭へ